Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

筆者の仕事

コラム「ストレージ通信」を更新「PHS内蔵の情報端末で始まった日本の「スマートフォン」(1996年~1997年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第16回です。第14回と第15回は世界初のスマートフォン「IBM Simon」をご報告しました。 今回は日本初のスマートフォ…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「急速に不透明感を増す2022年の半導体市場、2桁成長が微妙に」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 半導体市場のアップデートです。当初の堅調な成長予測が、7月にきて急激に修正を強いられつつあります。pc.watch.impress.co.jp 成長率の予測値を下方修正する動きが急速に活発に…

コラム「ストレージ通信」を更新「早すぎたスマートフォン「IBM Simon」の詳細(1994年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第15回です。前回に続き、はIBMが1994年に製品化した世界初のスマートフォン「IBM Simon」を紹介しています。 今回は…

コラム「ストレージ通信」を更新「世界で初めてのスマートフォン「Simon」をIBMが開発(1994年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第14回です。今回はIBMが1994年に製品化した世界初のスマートフォン「IBM Simon」(Simon(サイモン))をご紹介しま…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「Optaneメモリの挑戦と挫折。【第3部】第2世代3D XPoint技術の行方」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。Intelが「Optane」メモリ(3D XPointメモリ)事業を段階的に縮小すると、2022年7月28日に明らかにしました。 2015年7月のMicronとの共同開発発表から7年。これまでの軌跡をご報告…

コラム「ストレージ通信」を更新「フラッシュメモリ搭載の一般用デジタルカメラが相次いで発売される(1993年~1996年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第13回です。 前回はフラッシュメモリを内蔵する小型カード(主に画像記憶用)の動向(1990年~1996年)を紹介しまし…

コラム「ストレージ通信」を更新「画像記憶用小型フラッシュメモリカードの戦国時代が始まる(1995年~1996年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第12回です。 (記事は第11回となりますが、過去の記事で第8回が2回ありました。すみません。早急に修正します) eet…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「Optaneメモリの挑戦と挫折。【第2部】突き進むIntelと悩めるMicron」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。Intelが「Optane」メモリ(3D XPointメモリ)事業を段階的に縮小すると、2022年7月28日に明らかにしました。 2015年7月のMicronとの共同開発発表から7年。これまでの軌跡をご報告…

コラム「ストレージ通信」を更新「エレクトロニクス大手に特許訴訟を仕掛けたICレコーダー発明者の執念(1994年~)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第11回です。 eetimes.itmedia.co.jp 前回に続き、「世界初の携帯型デジタル音声録音再生装置」(ICレコーダー)の発…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「Optaneメモリの挑戦と挫折。【第1部】華麗なるデビューと徹底した秘密主義」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。Intelが「Optane」メモリ(3D XPointメモリ)事業を段階的に縮小すると、2022年7月28日に明らかにしました。 Micronは昨年(2021年)3月に3D XPointメモリから撤退することを公表…

コラム「ストレージ通信」を更新「小型フラッシュメモリカード「CompactFlash」の登場(1993年~1995年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第10回です。 1994年に記述された「世界初の携帯型デジタル音声録音再生装置」を調べたところ、 興味深い事実が見つ…

コラム「ストレージ通信」を更新「小型フラッシュメモリカード「CompactFlash」の登場(1993年~1995年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を再開しました。第9回となります。また時間の進みがゆっくりになりつつあります・・・(爆)。eetimes.itmedia.co.jp…

コラム「ストレージ通信」を更新「HDD大手SeagateとWDの2022会計年度業績、前年に続き増収増益を達成」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。HDD大手2社の業績まとめの報告です。今回は2022会計年度(2022年6月期)全体の業績となります。 eetimes.itmedia.co.jp 年度ベースでは両社とも2年連続で増収増益となりました。 …

コラム「ストレージ通信」を更新「HDD大手Western Digitalの業績、前期比では3期ぶりの増収増益を達成」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。HDD大手2社の業績まとめの報告です。前回はSeagateの業績をご紹介しました。今回はWestern Digital(WD)の業績です。2022年6月期(2022会計年度第4四半期)となります。eetimes.…

コラム「ストレージ通信」を更新「HDD大手Seagateの四半期業績、インフレ圧力とCOVID-19で急速に悪化」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。シリーズをいったん中断して、HDD大手2社の業績まとめの報告です。最初はSeagateとなります。eetimes.itmedia.co.jp 売り上げが減少しています。利益は確保しているものの、先行…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「高性能プロセッサの祭典「Hot Chips 34」でIntel、AMD、NVIDIAが最新技術を披露」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 8月下旬に開催予定の国際学会Hot Chips 34の予告レポートです。なお今年もバーチャル開催となります。pc.watch.impress.co.jp 会期は3日間、最初がチュートリアル、続く2日間がカ…

コラム「ストレージ通信」を更新「インテルによるNORフラッシュ独占を崩すAMDと富士通の参入(1992年~1993年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第8回です。eetimes.itmedia.co.jp インテルがNORフラッシュメモリを1987年にいち早く製品化…

コラム「ストレージ通信」を更新「NORフラッシュの市場が順調に立ち上がる(1989年~1991年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第7回です。eetimes.itmedia.co.jpあー。タイトル失敗してますね。読みづらい。 「順調に立ち…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「TSMCの次世代不揮発性メモリ開発状況」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。シリコンファウンダリ最大手のTSMCがVLSIシンポジウムで公表した、 次世代不揮発性メモリの研究開発成果をまとめて紹介しております。pc.watch.impress.co.jp 特筆すべきは、ここ…

コラム「ストレージ通信」を更新「フラッシュメモリの用途開発が始まる(1988年~1989年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第6回です。eetimes.itmedia.co.jpフラッシュメモリの用途(UV-EPROM代替以外)として初めに…

コラム「ストレージ通信」を更新「フラッシュメモリ、NOR型に続いてNAND型が表舞台に(1980年代後半)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第5回です。eetimes.itmedia.co.jp1985年から1988年の主な出来事を年表形式でまとめています…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「Meteor Lakeのシリコンを創るIntelの次世代技術「Intel 4」」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。IntelがVLSIシンポジウムで公表した4nmプロセス・デバイス技術「Intel 4」と 同技術で製造した試作回路をまとめて紹介しております。pc.watch.impress.co.jp「Intel 4」は次期クラ…

コラム「ストレージ通信」を更新。「フラッシュメモリがついに登場(1980年代前半)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第4回です。1978年ころから、UV-EPROMの欠点である「紫外線照射による一括消去」を解決するEE…

コラム「ストレージ通信」を更新「マスクROMの始まり(1950年代~1960年代)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第3回です。eetimes.itmedia.co.jp前回で、元の表中(1970年代)に「MROM」に関する記述が2つ…

コラム「ストレージ通信」を続けて更新「EPROMの進化とEEPROMの誕生(1970年代)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を続けて更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を開始しております。その第2回です。 eetimes.itmedia.co.jp 1970年代初頭には早くも、不揮発性メモリの製品が…

コラム「ストレージ通信」を久々に更新「強誘電体メモリとEPROM、相変化メモリの始まり(1950年代/1960年代)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を久々に更新しました。 シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」を始めました。その初回です。eetimes.itmedia.co.jp 1950年代と1960年代の主な出来事(研究開発成果)を報告し…

コラム「デバイス通信」を更新。完結回「ワイヤレス電力伝送の将来展望」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。 シリーズ「imecが語るワイヤレス電力伝送技術」の第24回です。完結回となります。 eetimes.itmedia.co.jp 放射型ワイヤレス電力伝送の実用化事例をまず説明しました。それから、 …

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「次世代マイコンへの搭載を狙う長寿命の抵抗変化メモリがIMW 2022に続出」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 ドイツのドレスデンで開催された国際メモリワークショップ(IMW)のまとめレポートその2です。 筆者はオンライン(バーチャル)で参加しました。pc.watch.impress.co.jp前半は、…

コラム「デバイス通信」を更新。「ワイヤレス電力伝送で実際に電子機器を動作させる」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。 シリーズ「imecが語るワイヤレス電力伝送技術」の第23回です。eetimes.itmedia.co.jp 試作した小型マイクロ波受電端末を使ってワイヤレス給電を実施し、低消費電力機器を動かすと…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「VLSIシンポジウムがリアルとバーチャルの融合による新しいイベント体験を提供」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 米国ハワイで開催されたVLSIシンポジウムの参加レポートです。pc.watch.impress.co.jp 今回のVLSIシンポジウムでは、リアルとバーチャルを融合させた環境が参加者(リアル登録者…