Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

パソコン起動用SSD不良からの復活、ついに最終段階へ(ウエブサービスのIDとパスコードはどこですか)

パソコンの起動不良が発生してから正常に戻るまでの実録です。第5回となります。
環境はWindow 10 64bit、起動ストレージはSSDSATA)です。SSD不良セクタが複数発生して起動不能になったようです。

初回はこちら。
パソコンの起動不良は突然に(大泣き) - Electronics Pick-up by Akira Fukuda

第2回はこちら。
パソコンが起動したけど正常にシャットダウンしません - Electronics Pick-up by Akira Fukuda


第3回はこちら
パソコンの起動不良から地獄の再起動強制終了祭り、そして解決策を閃く - Electronics Pick-up by Akira Fukuda


第4回はこちら
パソコンの起動用SSD不良からの復活。まずはインストール祭り - Electronics Pick-up by Akira Fukuda

おおよそのアプリケーションを再インストール完了しました。
いよいよ最終段階です。

ウエブサイトで登録していた様々なサービス(ウエブサービス)の再ログイン作業が始まります。
サービスIDとパスコードも消えているので、探索作業祭りとなります。

IDが電子メールアドレスではないときが厄介です。
まずIDを電子メールアドレスからもらいます。
それからユーザー認証に入ります。例によって秘密の質問とかがあったりします。
覚えてなかったりすると結構にまずいですね。

IDが分かっても、最近のウエブサービスは二段階認証が標準なので、まあ面倒くさいことといったら。
あと謎の画像からの文字入力とか。最近は文字が読みづらい。特に大文字と小文字の区別がつかない。
うんざりします。


とにかく数多くのウエブサービスで再ログインしなければならない。
例えば。
エアラインのマイレージサービス(もちろん複数です)。
クレジットカード(もちろん複数あります)。
オンラインバンキング。
電子商取引サイト(もちろん複数あります)。
学会の会員サイト(もちろん複数です)。
オンラインメディアの会員サービス(いくつもあります)。
クラウドサービス。
携帯電話サービス。
・・・

うんざりです。

こういったウエブサービスを一括して登録しておくクラウドサービスとかがあったら良いのに。
クライアント側でクラッシュしても復活が一気に早まりそう。
でもセキュリティが心配です。情報が盗まれたら、全部やり直しとか。それも嫌だなー。
悩みます。