Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」を更新。MicronとSamsungの「STT-MRAMぶっちゃけトーク」


PC Watch誌で連載しておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。11月に出張して取材したIBMのSTT-MRAM発見20周年記念シンポジウムが元になっております。


「STT-MRAMの「夢」を捨てたMicronとSamsungが見据える未来」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1033436.html


このイベントでは配布資料がなかったので、なかなかきつかったです。逆に配布資料がなかったせいか、かなりのぶっちゃけトークが炸裂しておりました。


参加者は200名弱(150名くらい?)と思われます。その半分はIBMの人でした。IBMのプライベートイベントみたいな雰囲気です。でも参加費無料でコンチネンタルブレックファストとランチが参加者全員にふるまわれるという。ある意味、IBMが太っ腹であることを示すイベントでした。ありがとうございました。