Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「新世代のMRAM技術でオンチップキャッシュを再び狙う」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。

pc.watch.impress.co.jp


【福田昭のセミコン業界最前線】高速/長寿命でオンチップSRAMキャッシュの置き換えを目指す第4世代MRAM技術 - PC Watch


プロセッサのオンチップキャッシュでSRAMを置き換えるべく、研究開発が進められたスピン注入トルク型MRAM(STT-MRAM)でしたが、どうも無理らしいことが明らかになりました。


そこで、新しい原理に基づく新世代のMRAM技術の研究が始まっております。高速性と長寿命を両立させる技術です。
まだ基礎研究段階なので、将来は分かりません。

将来が分からないうちに、どんな技術かを解説しておくのが、技術ジャーナリストの使命(?)です。
というわけで、STT-MRAMに注目して研究したけれども、どうも無理っぽいことが分かってきた経緯を説明し。
それから挽回すべく考案された新しい原理のMRAM技術を解説しております。

お手すきのときにでも記事を眺めていただけると、MRAM研究開発の最新動向に追いつけます(爆)。追いつける、はず。たぶん。