Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

IEDM 2016現地レポートの掲載が始まりました。「実行委員会が選んだ注目講演」

さっきまで書いていたエントリーがトラブルで全部消えてしまいました(泣)。
気力が失せてしまったので省エネモードです。すみません。


IEDM 2016の現地レポートが掲載され始めました。


「7nmの次々世代半導体製造技術や眼球にはめる人工虹彩などが登場〜IEDM 2016実行委員会が注目講演を説明」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1033682.html


日本ではIEDMの発表に合わせてプレス向けのリリースがたくさん出ています。それがどんどん、ウエブメディアに載っております。研究発表ですと宣伝気味の言い回しがリリースに書かれていてそれがそのままウエブニュースメディアに、ということが少なくありません。


うんざりです。ニュースリリースベースの記事がどんどん出てくるので、日本の大学とか企業とかの講演は、自分が改めてレポートしても意味ないんじゃ、とか。だからといってレポートしないという訳ではないのですが(苦笑)。というか、そもそも、どの講演を聴講するかという選択段階のところでバイアスがかかります(黒い・・・)。