Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「IBMのスピン注入メモリ20周年記念シンポジウム」のウラ解説

PCWatch誌から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。米国ニューヨーク州のヨークタウンハイツまで出張してイベントを取材しております。そのレポート第1報です。


IBMがスピン注入メモリの20周年記念イベントを開催した裏」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1030982.html


このイベントの開催を知ったのは今年8月のことです。「20周年」のシンポジウムがあの「TJワトソン研究所」で開かれる。たぶん、このような機会は二度とない(たぶん一部とは言えワトソン研究所に入れるのは)。ワトソン研究所はIBMの研究開発を代表する組織。学生時代からのあこがれでした。完全にミーハーです。


幸い、日系のエアラインでニューヨーク往復の安い(といってもかなりしますが)チケットを購入できました。行くしかない。ない。趣味丸出しで出張してきました。




(注:写真は出張で泊まったモーテルです。1泊60ドル弱とかなり安いです)