Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「MRAMマイコンがフラッシュマイコンを置き換える」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。

pc.watch.impress.co.jp

【福田昭のセミコン業界最前線】フラッシュマイコンの置き換えを狙うMRAMマイコン - PC Watch


微細化限界に達しつつあるフラッシュマイコンに代わり、
今後はMRAMマイコンが微細化を担うという技術解説です。


マイコンやSoCなどの内蔵フラッシュメモリを、内蔵MRAMで置き換えます。
MRAMの記憶素子は、配線工程を利用して作ります。
するとフラッシュメモリとは違い、CMOSロジックのトランジスタとは独立に記憶素子を作れるようになります。


フラッシュメモリは記憶素子がトランジスタでしたので、CMOSロジックのトランジスタ技術が変化すると、記憶素子も変化に追随する必要がありました。MRAMではこの必要がありません。原理的にはずっとCMOSロジック互換を容易に維持できる、というシナリオです。

重要なのはこのシナリオに、シリコンファウンダリ大手が乗っており、商業生産を始めようとしていることです。
具体的にはTSMCGLOBALFOUNDRIESSamsung Electronicsが量産を予定しています。つまり、顧客(半導体メーカー)がついていると見られます。


詳しくは記事をお読み頂けるとうれしいです。