Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。「多層配線のアスペクト比と抵抗および容量の関係」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。シリーズ「オンチップ多層配線技術」の第9回です。


eetimes.jp


多層配線のアスペクト比(AR)と抵抗および容量の関係を論じています。
ARが一定だと、抵抗と容量はトレードオフになります。抵抗を減らすと容量が増えます。


ARを大きくすると、抵抗と容量は減少します。特に抵抗の減少が大きいです。


詳しくは記事をながめていただけるとうれしいです。