Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。今年2月開催ISSCCのプレビュー第10回(超高速のA-D変換およびD-A変換技術)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。

ISSCC 2018プレビューの第10回となります。

eetimes.jp

以下のような注目講演を扱っております。

アナログ信号を非線形にデジタル信号に変えるインタフェース回路。非線形特性を調整できる点が面白いです。センサーシステムでアナログ信号の入力を、システムの要求仕様に応じて非線形特性を変更してデジタル信号に変換して出力できます。


10Gビット/秒で消費電力が150μWと低いシリコンフォトニクス送受信回路。WDM光通信によってチップ間を高速に信号伝送することを狙った回路です。


サンプリング速度が24Gサンプル/秒~72Gサンプル/秒と極めて高い8ビットのA-D変換回路。詳細は分かりませんが、数多くのサブA-D変換回路をインタリーブ動作させることでサンプリング速度を稼いでいるようです。

分解能が16ビットと高く、変換速度が6Gサンプル/秒と高速のD-A変換回路。ナイキストサンプリング方式です。

分解能が16ビットと高く、変換速度が12Gサンプル/秒と高速のD-A変換回路。オーバーサンプリング方式です。

お手すきのときにでも、眺めていただけるとうれしいです。
技術講演の最終日午前(その3)、72Gサンプル/秒の8ビット超高速A-D変換回路 (1/2) - EE Times Japan


アナログ・ミックス! FPGA×A-D/D-A変換 (FPGAマガジンNo.8)

アナログ・ミックス! FPGA×A-D/D-A変換 (FPGAマガジンNo.8)