Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

日経BP社電子・機械局の2012年7月1日付け異動、Tech-On!の編集長が交代など


日経BP社電子・機械局の2012年7月1日付け異動は、やや大きめでした。この時期はあまり異動がなかったので、珍しいことです。

http://techon.nikkeibp.co.jp/guide/staff.html

上記URLの内容の変化と、日経エレクトロニクス2012年7月9日号125ページの「編集長から」より、分かる範囲で異動の内容をまとめました。


Tech-On!編集部は編集長と副編集長に異動がありました。
編集長には、日経エレクトロニクス副編集長だった内田泰氏が昇格しました。
副編集長には、日経ものづくり副編集長だった富岡常憲氏が異動しています。
前編集長の木村知史氏の異動先は不明です。前副編集長の田中直樹氏は日経エレクトロニクスの副編集長にスライドしました。


人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします


日経エレクトロニクス編集部は副編集長と記者に異動がありました。
記者をつとめていた中道理氏が副編集長に昇格しています。
年次表記ですと中道氏の上位には大森氏、野澤氏、高橋氏が在籍していますので、「3人抜き」の出世ともとれます。
Tech-On!の田中氏が副編集長のまま異動したのは上記の通りです。
記者をつとめていた進藤智則氏が日経コンピュータ編集部に異動となりました。
副編集長をつとめていた大石基之氏が日経ものづくりの副編集長にスライドしています。
編集部の人数は2人減となっていることがわかります。下半期の経費節減策の一環ともとれます。


日経ものづくり編集部は副編集長に異動がありました。
上記のように、副編集長をつとめていた富岡氏がTech-On!に異動しました。
上記のように、日経エレクトロニクスから大石氏が日経ものづくりの副編集長にスライドしました。
編集部の人数は変わりません。



大石氏は日経エレクトロニクスでは半導体を得意分野としてきたのですが、日経ものづくりではどこをカバーするのか。興味深いです。日経エレクトロニクスでは記者の木村氏と大下氏も半導体をカバーしているので、人数としては多いくらいでしたから、半導体のカバーが手薄になることはないでしょう。