Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

日経マイクロデバイス誌の最終号が届きました


日経マイクロデバイス誌の最終号が届きました。通巻295号。1985年7月号で創刊して以来、24年半での休刊です。
そこで最終号(2010年1月号)と創刊号(1985年7月号)の表紙をならべて撮影してみました。
最終号の表紙はボトルメールのようです。創刊号はシリコンインゴットです。
こうやってならべて眺めると、なかなかに感慨深いものがあります。


休刊にともなう編集部員の先行き(2010年1月以降)が最終号93ページに掲載されております。一部は不明ですが、分かる範囲で記述しておきます。


大久保聡 編集長→不明
伊藤元昭 副編集長→広告部門に異動
三宅常之 副編集長→日経アーキテクチュア編集部に異動
大西順雄 記者→退社
長廣恭明 記者→不明
河合基伸 記者→日経エレクトロニクス編集部に異動
加藤伸一 記者→不明(契約社員のため、契約打ち切りの可能性あり)
大下淳一 記者→日経エレクトロニクス編集部に異動


なお日経エレクトロニクス編集部では12月末日付けで、道本記者と北郷記者が異動します。
ソフトウエア側の記者2名がいなくなり、ハードウエア側の記者2名が入って来る。
日経エレクトロニクスの2010年はハードウエア寄りになるのでしょうか。