Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「ストレージ通信」を更新。「日本の産総研が従来型強誘電体トランジスタの研究を牽引」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。


強誘電体メモリの再発見(19):従来型材料を使った強誘電体トランジスタの研究開発(後編)」
http://eetimes.jp/ee/articles/1709/12/news023.html

ペロブスカイト系強誘電体を使ったFeFETに関する研究開発の進展を解説しております。研究を牽引したのは、日本の産業技術総合研究所産総研)です。


2008年にはFeFETメモリで10の8乗回(1億回)のデータ書き換えを確認しました。

2011年には64kbitの不揮発性メモリをFeFETで試作しています。


詳しくは記事を眺めていただけるとうれしいです。