Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

セミコン最前線「究極のメモリが実現に近付く」

不揮発性で高速アクセスで半永久的な寿命があって消費電力がものすごく小さい。そんな究極の半導体メモリが実現に近付きました。
PCWatch様のコラム「セミコン業界最前線」で研究開発の最新成果をご報告させていただいております。


「「究極のメモリ」に一段と近づいたスピン注入メモリ」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/20100914_393542.html


たまたま米国のFlashMemorySummitとHotChipsの日程が連続していたので続けて参加したのですが、HotChipsのチュートリアルテーマが「不揮発性メモリ」というは偶然のいたずらというか、驚きました。しかもチュートリアルの内容があまりに凄くて唖然としました。講演のクオリティはFlashMemorySummitよりも高かったです。珠玉の講演がそろっていました。このレベルの高さはなんなんだーと思ってしまいました。


正直、FlashMemorySummit(FMS)は講演のクオリティがばらばらなんですよ。ダメダメな講演も結構あります。国際学会ではなく、業界イベントだからかもしれません。プレゼンテーション資料の査読とかまったくやってなさそうだし。勝手にしゃべっている感、が漂っているけど妙な活気があるのがFMSのキャラクターです。



追記)週間アクセスランキングで9位となりました。ありがとうございます
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/accessranking/20100921_395333.html