Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

ケースレーの新世代DMMが載せてきたデジタルオシロは、超過激な18ビットデジタルオシロでした

ケースレーインスツルメンツが22日に発表したDMMの新製品について、記事をマイナビニュース様に書かせていただきました。


「DMMと超高分解能オシロを融合させた多機能計測器をケースレーが開発」
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/22/146/

7.5桁のDMM(デジタルマルチメーター)、基本確度14ppm
18ビットの超高分解能デジタルオシロスコープを搭載
5型のフルカラー液晶ディスプレイ(800×480画素)にタッチパネルを付加


上記3点がこの新しい計測器の特長です。詳細は記事を眺めて頂けるとうれしいです。


最近の計測器はずいぶんと多機能になってきております。単機能であることの方が珍しいかも。OA機器にプリンタとスキャナと複写機を一体化した「複合機」というのがありました。最近は「スマート」がキャッチコピーなので。こういった計測器を「スマート計測器」と呼ぶことにしようかと、勝手に考えております。


まあ、「スマートフォン」、「スマートカード」といった呼称のパクリなんですが。スマートフォンのハードウェアをベースに計測ハードウェアとソフトウェアを載せて外装をそれっぽくすると「スマート計測器」になるので。スマートフォンからの連想でほぼ合ってる・・・かな。かな。