Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

【推薦!】傑作長編小説「海賊と呼ばれた男」をコミック化した第1弾


海賊とよばれた男(1) (イブニングKC)

海賊とよばれた男(1) (イブニングKC)


永遠の0(ゼロ)」で知られる百田尚樹氏の小説を、戦記物コミックスで知られる須本壮一(本そういち)氏がコミック化した単行本の第1弾です。
敗戦記念日の直後から物語は始まります。敗戦によって何もかもを失ったように見える日本。しかし日本人は生きている。生きていれば、希望はある。


主人公である田岡商店店主の田岡鐵三氏は、日本の再建を目指して社員を鼓舞し、何もないところから怒涛のようにビジネスを創造していく。


日本の生命線である「石油」を巡って旧日本の組織と田岡商店は対立する。油を仕入れられない田岡商店に未来はあるのか。

こんなストーリーが進みます。戦後の復興に邁進する男たちが熱いです。

戦後の日本史を知る上で必読の書物と言えます。




人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします