Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。「整流回路の出力を所望の電源電圧に変換するコンバーターの原理」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。
シリーズ「imecが語るワイヤレス電力伝送技術」の第20回です。
整流回路(整流器)の後段にくるDC-DCコンバータを簡単に解説しています。

eetimes.itmedia.co.jp


DC-DCコンバータには大別すると昇圧型と降圧型があります。
昇圧型の代表的な方式にはスイッチング・レギュレータとスイッチドキャパシタ(チャージポンプともいいます)があり、ここではスイッチドキャパシタを説明しています。
降圧型の代表的な方式にはリニアレギュレータ(ドロッパともいいます)とスイッチング・レギュレータがあり、ここではスイッチング・レギュレータを説明しています。

講演では、本当にごく簡単にしか説明していません。
どちらかというと、最後に出てくる電源IC製品の方式を述べているように見えます。


お時間がおありのときでも、記事を眺めていただけるとうれしいです。