Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「IEDM2021プレビュー:サブナノメートルのトランジスタ技術や8Gbitの大容量強誘電体メモリなどが登場」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。
半導体研究開発コミュニティの定例行事、IEDM(国際電子デバイス会議)のプレビュー記事です。

昨年はオンラインのみの開催でした。今年はリアルとオンラインのハイブリッド開催となります。

pc.watch.impress.co.jp


リアルイベントをいつものサンフランシスコで開催し、その後でオンライン開催と進みます。
オンライン開催では、技術講演をオンデマンドで聴講できます。オンラインのクロージング日程は未定のようです。


なお筆者はオンラインのみの参加となりそうです。
COVID-19対策の隔離措置が重荷で、家庭運営を含めていろいろと難しい。開催前のスケジュールがまた詰まっていて。

来年2月のアレもハイブリッド開催なので、こちらはなんとか現地に行きたいです。

脱線しました(汗)。IEDM 2021の見どころについては記事をお読みいただければと存じます。