Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

子供(わんこ)が退院しました

我が家の長男「慶次(けいじ)」が17日土曜日に退院しました。手術からちょうど1週間後です。術後の経過は良好で、予定通りの日付けに退院となりました。



「バイトノットカラー」と呼ぶ、エリザベスカラーと同じ役目をする首輪をつけています。これは患部(左前足)の包帯をかんで剥がしたりするのを防ぐ役目を果たします。わんこやにゃんこなどには、お馴染みの道具ですね。


この「バイトノットカラー」を付けることと、基本的にはケージ飼いになること(もちろんお散歩は禁止)が、手術後1カ月ほど続くようです。慶次には相当なストレスになりそうで、ちょっと心配。



左前足は包帯でぐるぐる巻きにされています。肘に相当する部分はまったく動かせません。完全に固定されています。また、足全体の向きは右前足に比べると外側に曲がっているようです。


本人は元気だし、機嫌は良いし。手術後の痛みが感じられないくらいの暴れっぷりです。患部が悪化しないかとヒヤヒヤものです。でも元気がないよりはずっと良いことだと思うようにしています。まだ我慢だよ、慶ちゃん。