Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コミック「じごくあね」、交通事故から生還した姉(ヒロイン)は性格が別人となり、弟(主人公)を楽しく振り回す


じごくあね 1 (サンデーGXコミックス)

じごくあね 1 (サンデーGXコミックス)


タイトルの「じごくあね」からは、姉が地獄から戻ってきたというような、もう少しオカルトチックなギャグを想像していました。しかし、全然違いました。


交通事故から奇跡の生還を果たした姉が、退院してきた。しかしその人格は別人。暴力はすぐふるうし、言葉使いは粗雑だし、カミソリの使い手だし、家ではすぐ裸で歩くし、スリの腕はプロ級だし、スポーツは万能だし、学業成績は優秀だし。変わらないのは、美人である外形と、主人公の弟にベタベタする性格くらい。



そして驚天動地のカミングアウト。姉の身体に入っているのは、姉の魂ではなく、別人のようなのだ。大ショックの弟。姉の身体を使っているのは誰なのか。女か、男か、若いか、年寄りか。言動からは「喧嘩早くて手癖の悪いおっさん」という最悪の想像が弟を襲う。


弟の心配をよそに、ハチャメチャな行動を繰り返す美人の姉。でもなぜか、仲は悪くない。だんだんと弟が馴染みそうで怖いです。果たして本当の姉が戻るときはくるのか。それともまだ別の裏があるのか。タイトルの「じごく」こと地獄とは関係があるのか。先行きが興味深いです。


美人で可愛いくて自分勝手なお姉さん(この絵柄は、個人的には可愛いくて好み)が、ひたすら善人の弟を振り回しまわる、というストーリーです。個人的にはなかなかに良い作品でした。