Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

【推薦!!】デレてないけど凄まじく病んでるヒロインが素敵なギャンブルコミック「賭ケグルイ」



ヤンデレで可愛いという記念的ヒロイン「由乃様」が大活躍するコミック「未来日記」以来の衝撃です。清楚で可愛くて頭が良くてお淑やかで、だけどギャンブルに狂っている。それもとてつもなく狂っている。そんなヒロイン「夢子様」に打ちのめされました。


期待を良い意味で裏切るストーリー。表情のギャップが100dBを超えるダイナミックレンジのヒロインやそのほかの登場人物たちのビジュアル。シナリオと作画が別の人物による作品ですが、これほどまでに練られたシナリオを、人間の表情や仕草などを豊かに描いた作画がきっちりと返しています。素晴らしいです。


Kindle版もあります)


ここからは内容を少しだけ。大金持ちが生徒の大半を占める学園を支配する原理は「ギャンブルで勝つこと」。そしてギャンブルを管理するのが生徒会。つまり生徒会がギャンブルを通じて学生を支配している学園。そこに転校生として登場するのがヒロイン「夢子様」です。


(以下は内容にもう少しふれています。あらかじめご了承ください)




夢子様はとてもギャンブル(賭けるのが)が好き。大好き。そして強い。早速、クラスのボス気取りの女学生と対決です。そこからはとにかく、ギャンブル、ギャンブル、ギャンブル、・・・。賭ける金額がまた1000万円とか、5000万円とか、3億円とか、半端ない。


ギャンブルの内容は創られたもの(創作ギャンブル)で、説明の仕方が上手い。テンポを損なっていない。わりとすんなりルールが頭に入ります。当然ながら、イカサマが入ってきます。その説明も分かりやすい。そしてイカサマを打ち破るところがなんというか、人間には不可能ではない範囲なんだけども、夢子様、はっきり言って超人です。


イカサマを打ち破りながらも賭けをエスカレートさせてゆく夢子様。とても素敵です。自分の命を惜しまない潔さ。漢です。


そして驚愕のエンディング。この展開には唖然。続巻を読まずにいられなくなります。


過去に「ライアーゲーム」や「カイジ」などのコミック作品を読んで気に入った方には、必読作品だと断言します。お薦めです。


未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))

未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))


LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)


賭博黙示録カイジ(1) (ヤングマガジンコミックス)

賭博黙示録カイジ(1) (ヤングマガジンコミックス)