Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

あるITベンダーと広告代理店からの仕事の場合


IT関係のイベント(講演会と展示会の併設イベント)があり、某ITベンダーが講演概要と出展概要をウエブ・サイトに掲載することになりました。
この某ITベンダーのイベント出展そのほかを仕切っていたのは、某広告代理店でした。


知人の紹介で、某広告代理店から私のところに仕事の依頼がきました。このころすでに、新規の依頼はあまり受け付けていなくなっていたのですが、紹介ということで受けることにしました。まあ、受けてみないといろいろな本当が分かりませんし。


まずは内容説明と打ち合わせに、某広告代理店に行きました。某代理店の担当は2名ということでした。知人が紹介した方がボス、あと1名が部下のようです。
仕事は、某ITベンダーの講演を聴講し、出展ブースを見てウエブ・サイト用のテキストをまとめるという内容でした。報酬金額は十分でしたので引き受けることにしました。
打ち合わせのときに、出展ブースの詳細は後に送るという説明を受けました。
某ITベンダーとの打ち合わせも事前にやるとのことでした。




そのいち。
出展ブースの詳細は来ませんでした。
展示会の当日、代理店の方に尋ねました。
私:「出展ブースの資料はありますか」
代理店:「ありません」
・・・・・二の句が告げませんでした。



そのに。
講演は2回あり、初日は夕方最後の時間帯、2日目は午前の時間帯でした。
場所は東京なので別に問題はありません。
問題は事前打ち合わせの時間帯と内容にありました。
初日の午前10時に事前打ち合わせをすると前日に電話で連絡をもらいました(広告関係ではこういう土壇場連絡は珍しくありません)。
午前10時に打ち合わせ・・・・昼に予定が・・・困った。
なんとか調整しました。



そのさん。
初日の午前10時。打ち合わせです。某ITベンダーから担当者がご出席。あとは代理店の方と私。講演を写真撮影するかどうかの話題になりました。
某ITベンダー:「講演のプレゼンテーション資料はファイルで送ります」
私:「講演の撮影はしたいのですが」
某ITベンダー:「きょう、資料を送りますから撮影は必要ないです」
私:「きょう送っていただけるのですね」(←かなり失礼な発言)
某ITベンダー:「はい。送りますので撮影は要らないですよ」
・・・
あなたは写真撮影しますか、しませんか(録音はもちろんするとして)。
・・・
私は写真撮影しました。全部。とめられなかったので。
撮影した理由は簡単です。初回の仕事なので相手の信用度がわからない。
資料が送られてこなかったたら困るのはこちら。締め切りを守れなくなる。



その日、プレゼンテーションのファイルは送られてきませんでした。次の日も来ませんでした。その次の日もきませんでした。
私は自分の撮影した写真を元に原稿テキストを作り、代理店に納品しました(もちろん締め切りの前に)。
原稿テキストの納品後に、某ITベンダーから代理店に講演プレゼンテーションのファイルがやっと送られてきました。すると代理店から、講演プレゼンテーションファイルを使った選択とはめ込みをやってほしいと依頼が私のところにきました。海外出張の前の日でした。出張の予定はあらかじめ伝えてありましたので、私は丁寧にお断り申し上げました。


広告関係で仕事をしていると、こんなことは珍しくないことが分かってきます。
このころはさすがにいくつか酷い目にあってきたので心構えができており、
怒られるのを承知で撮影しちゃう訳です。だって、資料が来なくて困るのは自分です。


なお、この代理店からはこの仕事以降、依頼はありません。当たり前ですが。
あったら正直、困ってしまいます(爆)。