Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

デジタルテレビで視聴行動が変わってしまった

液晶テレビを購入し、デジタル放送を視聴するようになって視聴行動がいくつか変わってきました。
まず説明すると、16年ほど使っていたアナログCRTテレビのスピーカーが壊れてきたのです。でもってテレビを買い替えることにしました。さすがに修理して使う気持ちにはなれません。地上波アナログの放送中止も控えていますし。


出かけたのは某家電量販店。おすすめ商品はシャープの亀山モデルでした。
http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/gh1_20/index.html
20V型と小さめなのは家庭の事情です(涙←要するに狭い


価格は10万円を切ってました。一昔前には1インチ一万円が目標と言われていましたが、1インチ5000円です。安くなったものです。



こいつを購入したことで、わが家では以下の放送が新たに視聴できるようになりました。


1)地上デジタルテレビ放送(ハイビジョン画質)
2)BSデジタルテレビ放送(ハイビジョン画質)


テレビ自体は1366×768画素表示なのでフルスペックハイビジョンではありませんが、映像は凄くきれいです。驚きました。髪の毛の1本とか、顔のシワとかまで見えるようです。
このため、ビデオレコーダー(アナログVTR、SVHS)の再生画像が以前よりずっと劣化して見えます。気になります。ハード・ディスク内蔵DVDレコーダーに買い替えたくなる気持ちが分かります。
以前には映像は720Pで十分と言っていた自分ですが、フルスペックでないのにハイビジョン映像を見ていたらこのザマです。慣れとは恐ろしい。


そしてデジタル放送における番組表(EPG)機能のありがたいこと。視聴予約をしょっちゅう使っています。あと15分ほどで見たい番組が始まる、といった状況にうってつけです。予約しておけば自動でテレビが点灯するので、ほかのことをしていて番組の始まりを見逃す、といったことがありません。
しかも当日の深夜にかけての全番組の情報が新聞のテレビ欄よりもずっと詳しく掲載されています。おかげさまで新聞のテレビ欄をみなくなりました。


そして時刻表示機能がありがたいです。時計の時刻って(電波時計以外は)少しずつ狂ってくるので、本当の時刻が正確には分かりません。でもデジタル放送対応テレビの時刻表示は狂いがありません。テレビつけているときはいつも、時刻表示させています。


少し不満なのは、全体に応答が鈍いこと。リモコンのスイッチを押してから、テレビが反応するまでに2〜3秒はかかります。スイッチが入らなかったのかなと最初は何回か戸惑いました。慣れれば大丈夫なのですが、いまでも同じスイッチを3回押したりしています。


そうそう、仕事場用にUSBワンセグチューナーも買いました。これについては後ほど。


【追記】2011年8月から、画面が真っ暗になるという症状が頻発しています。だんだんひどくなっています。どうしよう(泣)