Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

アクテル(Actel)のフラッシュFPGAが面白い


広告絡みで米アクテル(Actel)社のフラッシュFPGA新製品、「Fusion」を取材した。
むちゃくちゃ面白い製品である。一言で言うと、「ARM7および8051のフラッシュマイコンで、ユーザーが設計した論理回路FPGAに格納できるデバイス」(←一言になってない・・・

アクテルのリリースにはアナログうんぬんとあったけど、マイコンにアナログ機能を載せるのは珍しくない。むしろARM7とか、8051とかの使い慣れたアーキテクチャでフラッシュマイコンが入手でき、しかもカスタマイズできるという点がとっても便利、との独断シナリオに基づいて記事を執筆。通らなかったら全部書き直す予定だったが無事通り、しかも署名まで。


本当にありがとうございます。おかげさまでここに紹介できます。
詳しくはこちらの記事をどうぞ
http://techon.nikkeibp.co.jp/NEAD/focus/actel/actel_2.html


1月26〜27日にパシフィコ横浜で開催されるEDSFairで、この製品と開発環境が展示されます
http://www.actel.com/intl/japan/company/press/events/EDSFair2006/index.htm



で、問題はやっぱり、価格でしょう。うまい落としどころがみつかると良いなあ。そうなればコストが下がって少ないロットのユーザーでも買いやすくなるし。