Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

半導体大手各社の第2四半期業績レポート

半導体大手各社の2005年第2四半期(2005年4〜6月期)決算がほぼ出そろったので、まとめのレポート記事をMY COM PC WEB誌に執筆しました。

http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2005/08/10/semisettlement/


記事に登場する企業は以下の各社です。

1)米国系企業
Intel
Texas Instruments
Freescale Semiconductor

2)欧州系企業
Infineon Technologies
STMicroelectronics

3)アジア系・日系企業
サムスン電子
東芝
NECエレクトロニクス

草稿段階のメモには「米国健闘、欧州惨敗、日本苦闘、メモリー惨敗(価格低下)、アナログ健闘・・・」といった要点がみえます。どのように仕上がったかは、上記の記事をご参照ください。


個人的に気になったのはInfineon Technologiesの業績低迷と同社経営陣の最近のゴタゴタです。経営陣が不安定な企業で業績(収支)が良好なことはまれだなあ、と改めて思います。