Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「ストレージ通信」を更新「ドイツのベンチャーが試作した世界初の携帯型MP3プレーヤー(1995年~2005年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。
シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第21回です。

前回のNECに続き、今回はドイツのベンチャー企業が試作した携帯型オーディオプレーヤーをご紹介しています。

eetimes.itmedia.co.jp


ドイツの大手エレクトロニクス企業シーメンスベンチャーに委託した開発案件です。
フラッシュメモリは内蔵せず、MMCから音楽信号を読み出します。

偶然にも、1997年のCeBITでセハン情報システムズが開発した試作品とドイツベンチャーの試作品が両方出展されました。
1990年代後半は、世界各地でフラッシュメモリを携帯型オーディオプレーヤーに使おうという

お手すきのときにでも、記事を眺めていただけるとうれしいです。