Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「ストレージ通信」を更新「NECが試作した世界初のフラッシュ対応携帯型オーディオプレーヤー(1994年)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。
シリーズ「フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表」の第20回です。

世界で初めてフラッシュメモリ記憶媒体とする携帯型オーディオプレーヤーを試作したのは
日本のNECだというエピソードです。1994年12月に公表されました。「シリコンオーディオ」と呼称しています。
(なお原文の英文版歴史年表には掲載されておりません)

eetimes.itmedia.co.jp

個性的なのは符号化圧縮形式です。MP3ではなく、MP2(MPEG Audio Layer2)を採用しています。
独自開発したMPEG Audio Layer1/2復号LSIがなにか関係ありそうですが、結局のところは良く分かりませんでした。

あと商品化の機会を逃した件は、なんというか、大企業病といいますか、日本企業の消極さを象徴しているようで。
とっても残念。

詳しくは記事をお読みいただけるとうれしいです。