Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。「電磁波で電力を伝送するという夢の始まり(後編)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。
新シリーズ「imecが語るワイヤレス電力伝送技術」の第5回です。
なんか毎回、調べ物が多くて時間がかかってます。もっと楽だと思ったのに(泣)。

eetimes.itmedia.co.jp

後編はヘルツが電磁波の存在を実験的に証明した1887年以降の歴史です。
コヒーラ検波器の発明、無線通信の商業化(海上船舶無線から始まった)、電磁波による送電と放送の構想、世界初の電磁波送電実験、と続きます。1930年代前半までです。

詳しくは記事をお読みいただけるとうれしいです。