Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。今年2月開催ISSCCのプレビュー第5回(GPS不要の超小型ナビ、16Gbit DRAMなど))

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。今年初めての更新です。

eetimes.jp


ISSCC 2018のプレビュー第5回です。

最も面白かったのは、超小型ナビゲーションシステムの研究成果です。
GPS方式ではなく、慣性方式を採用しています。つまり、GPS受信が出来ない環境でも使えます。
消費電力は小さく、小型にできるというメリットもあります。
ただし慣性方式ですと、GPS方式に比べると位置把握の精度が低そうです。

試作したシステムは、ブーツのかかとに組み込めるというもの。すごく小さいです。
圧力センサーでブーツが地面を蹴るときの反力(床反力)を検出するとともに、9軸の慣性ユニットによる測定値を組み合わせて位置変化(方向と距離)を計算しています。
そして実際にブーツのかかとに装着して3kmほどを歩いて(それも高低差のある道を歩いて)位置精度を確認したというもの。

詳しくは記事を読んでいただけるとうれしいです。


MOTO NAVI (モトナビ) 2018年 02月号 [雑誌]

MOTO NAVI (モトナビ) 2018年 02月号 [雑誌]