Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

今こそ読んでおくべき!! 筒井康隆氏の最高傑作と呼べるSF小説「モナドの領域」


モナドの領域

モナドの領域


モナドの領域

モナドの領域



雑誌掲載時にも紹介していました。
http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20150929


単行本も買ってしまいました。雑誌版との違いは、
ルビが振られているなど、いくつかの修正がなされていること。
読みやすくなっております。


購入したのは発売直後なのですが、当時は読んでも素通りしていた、
小説中での「GOD(「神」あるいはそれに相当するもの)」が
人類の滅亡にふれている部分が
最近の不穏な世界情勢と重なってしまい、気になります。


作品そのものは長編小説としてはそれほど長くありません。
ですが、密度はとても高いです。洗練されたストーリーと演出、
そこかしこに散りばめられている過去の筒井作品からの引用
(筒井ファンへの贈り物でしょう)、
テンポの良い進行。そして素晴らしいエンディング。


今だからこそ、読むべき作品。おすすめします。