Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

日経BP社の休刊ラッシュ、「日経コミュニケーション」や「日経情報ストラテジー」など情報通信系を中心に4誌が相次いで休刊


日経BP社のメディアに休刊が相次いでおります。


「日経エネルギーNext」
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/NEN.html
年間購読料金が97500円の高額雑誌(ニューズレター?)
2017年1月号(2016年12月20日発行)をもって休刊
わずか2年の定期刊行でした


日経情報ストラテジー
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/NIS.html
1992年4月創刊。創刊25年の長寿雑誌。月刊。年間購読料18700円。
2017年8月号(2017年6月29日発売)をもって休刊


日経コミュニケーション
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/NCC.html
1985年10月創刊。創刊31年の長寿雑誌。月刊。年間購読料23700円。
2017年7月号(2017年7月1日発行)をもって休刊


「テレコムインサイド」
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/TI.html
2015年4月創刊。月刊。年間購読料89800円。
2017年4月号(2017年4月1日発行)をもって休刊
読者限定メールマガジンは2017年3月29日配信号をもって休刊
わずか2年の定期刊行でした


最近は、広告収入モデルの紙媒体の創刊がほとんどなく、高額な年間購読料を特徴とする販売収入モデルの紙媒体がいくつか創刊されています。それも上手くいかないと2年ほどで休刊、ということでしょうか。厳しいです。