Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

マイナビのIEDM 2017レポートが10月末配布のプレスキットだけから記事を書いているという疑惑

ウエブマガジンのマイナビニュースが12月12日付けでIEDM 2017のレポート記事を掲載しています。

news.mynavi.jp

SK Hynixのクロスポイント用セレクタ技術とMacronixの高密度3D NAND技術の発表を報じています。

このレポート記事は、10月末にウエブサイトにアップされたプレスキットだけから書かれており、現地取材をしておらず、そして発表論文すら読んでいない、という疑惑があります。


プレスキットのURL(IEDMの公式サイトから飛べます)
http://btbmarketing.com/iedm/


自分はこのプレスキットやプログラムなどを使ってIEDM 2017のプレビュー記事を10月末に執筆しました。10月26日付けでPC Watch誌に掲載されています。

【福田昭のセミコン業界最前線】12月開催のIEDM 2017で披露される次世代の半導体製造技術とメモリ技術 - PC Watch


そしてマイナビニュースの記事内容は、プレスキットの内容(写真とテキストはプレスキットと同じものです)にとどまっています。発表論文の内容は、まったく反映されていないように見えます。また記事を執筆した方を、IEDMのプレスルーム(3日間オープンしていました)やプレス昼食会でお見かけすることはありませんでした。


以上の事実を踏まえると、10月時点でアップロードされたプレスキットだけから、IEDMのレポート記事を12月のIEDM開催後にレポート記事として掲載したという強い疑いがあります。だとしたら、マイナビニュースの編集部は読者を騙しているのではないでしょうか。


マイナビニュースおよび記事執筆者による釈明あるいは事実説明が望まれるところです。


【追記】1カ月が経過しましたが、マイナビ編集部からは抗議はなかったです。弁明もなかったです。疑惑の通りだということでしょう。そのように断定します。