Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

推薦!「世界で勝負する仕事術」なぜ世界一を目指さなければならないのか、が分かる本

世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書)

世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書)

東芝NANDフラッシュメモリの開発に携わり、社内留学でスタンフォード大学MBAを取得し、現在は東京大学SSDコントローラなどの研究に携わっておられる竹内健氏の自伝(半生記)です。


竹内氏が東芝時代に「日経エレクトロニクス」誌に寄稿されたNANDフラッシュメモリコントローラ技術の論文はとても凄かったです。とても素晴らしい内容で、感銘を受けました。そのとき以来、竹内氏の名前は私の頭に刻み込まれております。


本書のタイトルは「仕事術」とありますが、仕事法の本ではありません。ノンフィクションというか、ドキュメンタリーです。サブタイトルの「最先端ITに挑むエンジニアの激走記」が、具体的な内容を良く現しています。東芝半導体事業の状況や日本企業の体質、スタンフォード大学の文化、MBA教育の実態など、とても興味深くよめます。半導体産業についてある程度ご存知の方なら、いろいろと参考になると思います。


竹内氏の考え方や思想などがまた明確で面白いです。「なぜ世界で1番でなければダメなのか」などは、半導体の世界を知っている身には強く賛同です。


新書ですので3時間くらいで読めました。出張といった旅のおともに最適かも、です。

世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書)

世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書)



人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします