Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」更新「坂本エルピーダの行方」

PCWatch様からいただいております不定期コラム「セミコン業界最前線」を更新しました。


「「坂本エルピーダ」の行方」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/20120306_516585.html
エルピーダメモリの顔であり、エルピーダメモリ=坂本社長とも言える坂本幸雄氏の功績と今後にスポットをあてております。




人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします


坂本幸雄氏は再生請負人としては凄い腕前の持ち主です。ダメ企業をスゴイ企業に変身させる経営手腕は物凄いものがあります。ただ、再生後はどうなんだろうか。このあたりは、なかなかに難しいところがあります。


坂本社長はエルピーダメモリの再生については本当に本当に凄かったと思います。エルピーダメモリが過去に潰れずに済んだのは坂本氏のおかげです。「日本のDRAMを守ってくれてありがとう」と声を大にしての大感謝です。


しかし。会社更生法の申請までくると。社長の続投には疑問符がつきます。ちょっとどうなのかなと。それが記事の主眼です。「ありがとう」、「ご苦労様でした」と言いたいのです。


なお、記事中で参照した書籍「エルピーダは蘇った」はまだ在庫がamazonにあるようです。ご興味の向きはどうぞ。2006年ころの坂本さんの生の声が読めます。

エルピーダは蘇った 異色の経営者坂本幸雄の挑戦

エルピーダは蘇った 異色の経営者坂本幸雄の挑戦



【追記】PCWatch週間アクセスランキングで6位に入りました。これも皆さまのおかげです。ありがとうございます。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/accessranking/20120312_518217.html