Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

Freescale Technology Forum(FTF)Japan 2011レポート


フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンの開発者フォーラム「Freescale Technology Forum(FTF)Japan」のレポート記事をCQ出版様のウエブ・サイト「組み込みネット」に掲載していただきました。


「Freescaleが新しいCortex-A9マルチコア・プロセッサやCortex-M4マイコンについて解説」
http://www.kumikomi.net/archives/2011/09/rp39free.php
「i.MXシリーズ」で初めてのマルチコアプロセッサ「i.MX6」の概要(たぶん初公表)と、ARM Cortex-M4コア内蔵マイコン「Kinetisファミリ」の最新情報について記述しております。


フリースケールは毎年、FTF Japanに併せてプレスカンファレンス(報道機関向け説明会)を開催しています。フォーラムの技術講演とプレスカンファの両方に出席することは無理なので、毎回、どちらにしようか悩みます。といってもプレスカンファに出席していたのでは競合と差異化しづらいですので、技術講演を聴講してレポート記事を書くのが基本姿勢ではあります。


幸い今年は技術講演から記事を起こしているメディアはほかになさそうなので、助かっております。もっともFreescaleについては最大最強のライターさんが今年はなぜかFTF Japanに参加せずに米国に出張しているというのが大きいんですが(爆)。


あと、今年のFTF JapanはFTF Americaの焼き直しではなく、独自の講演内容、時期的にアップデートした情報、といったオリジナリティが結構ありました。このあたりは例年と凄く違っていてありがたかったです。それから、米国本社の幹部やマネージャーなどが数多く東京に来て講演しているというのが、新しかったです。福島原発放射能が怖くて東京に来ない海外企業幹部も珍しくないというのに。ありがたいことです。


人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします


(注)写真は来場者受け付け(事前登録者用)の待ち行列です。当日午前9時20分ころに撮影しました(受け付け開始時間は9時、プログラムの開始は10時です。実際にはプログラムの開始が少し遅れました)。