Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

シャープの下請け部品メーカー「竹本電機製作所」が自己破産を申請へ


エレクトロニクス大手シャープの下請け部品メーカーとしてLEDや太陽電池セルなどを長く生産してきた「株式会社竹本電機製作所が自己破産を申請するもようです。


ソース:帝国データバンク大型倒産速報
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3407.html
引用:「・・・もともとはシャープの協力工場として家電部品の製造を手がけ、同社の協力・下請工場の中でもトップクラスの業容、技術水準を誇っていた。・・・リーマン・ショック後の業務請負の受注高は得意先の生産調整を受けて落ち込み、資金繰りが悪化、・・・負債は約179億7800万円。」


竹本電機製作所のホームページ
http://www.takemotodk.co.jp/top.html

同ホームページから、以下は会社沿革
1969年 2月 株式会社竹本電機製作所を設立。
ダイオードの自動検査装置を開発、導入。
1973年 3月 橿原工場建設。
1975年 11月 シャープ株式会社ディスプレイ事業部(現、化合物半導体システム事業部)と取引開始。
発光素子(LEDチップ)のチップ検査を開始
1992年 3月 ボルテージレギュレータチップ、ホール素子チップについて、シャープ株式会社関連工場として、RCJ認証取得。
7月 シャープ株式会社QA認定取得。
1993年 3月 フォトインタラプタ・フォトカプラについて、シャープ株式会社関連工場として、RCJ認証取得。
1995年 10月 ホログラムレーザーについて、シャープ株式会社関連工場として、RCJ(IECQ)認証取得。
2002年 9月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセルの外観検査ライン生産受諾。
2003年 3月 橿原工場ISO14001認証取得。(JACO)
2004年 4月 単体受光素子(クリアーモールドタイプ)の生産ライン導入。
6月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセル製造1工場ライン生産受諾。
・・・2007年3月受託終了
10月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセル製造7期ライン生産受諾。
・・・2009年1月受託終了
2005年 8月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセル製造5期、5.5期ライン生産受諾。
2006年 3月 葛城工場ISO9001認証取得。(ソーラーシステム事業本部 関連業務)(JACO)
2007年 1月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセル製造3期、4期ライン生産受諾。
・・・2008年1月受託終了
2月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセル製造3期、3期ライン生産受諾。
・・・2007年10月受託終了
7月 橿原工場ISO9001認証取得。(電子部品事業本部 関連業務)(JACO)(現、電子デバイス事業本部 関連業務)
2008年 7月 シャープ株式会社 葛城工場内にて、ソーラーセル製造3期ライン生産再受諾。


・・・まさに、シャープとともに歩んできたといえる企業です。
こんな記事も出ています。
「シャープに捨てられた (株)竹本電機製作所/自己破産へ」
http://n-seikei.jp/2010/12/180.html
本文引用:「シャープは、最新鋭設備の工場建設により竹本電機製作所を切り捨てた。」


人気blogランキングへ←押すと筆者のやる気がアップします