Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

日経エレクトロニクス11月29日号(11月26日配送)にルネサスが29日発表の新製品をリークしたもよう


11月26日(金)の午後に届いた日経エレクトロニクス11月29日号のpp.14-15「ルネサスが投入した新マイコン」の後半に、ルネサス エレクトロニクスが11月29日(月)に新製品発表記者会見を予定している「RX200シリーズ」の概要が掲載されています。


日経エレクトロニクス2010年11月29日号の目次
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20101125/187613/


既存製品であるRX600が90nmプロセスで製造し、最大100MHz動作、消費電流0.5mA/MHzであるのに対し、RX200は130nmプロセスで製造し、最大50MHz動作、消費電流0.2mA/MHzであると報じています。周波数当たりの演算性能はRX600の5%減だとのことです。そしてルネサス エレクトロニクス MCU事業本部 汎用MCUシステム統括部 統括部長の川下氏によるコメントが入っています。


ルネサス エレクトロニクスの部長コメントが入っていることからして、ほぼ確実に同社から日経エレクトロニクスへの事前リークだと思われます。


記事を読むと、動作周波数当たりの消費電流が下がった理由が分からないとか、低電圧動作の周波数記述は何と比較しているのか不明とか、いろいろあります。このあたりは29日の記者会見でたずねることにしようかな、と思っています。



人気blogランキングへ←押すと筆者のやる気がアップします