Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

フリースケール製品の関西サポート拠点、アジレントのSAS/SATAアナライザ


記事が2本、マイコミジャーナルに掲載されました。

1本目です。
「TED、フリースケール製品の技術サポート拠点を大阪に開設」
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/19/ted_frescale/index.html
大阪に出張して書いた記事です。発表会では新聞社の大阪支社からこられた記者が目立ちました。
雑誌とウエブ・サイトは少なかったように見えます。


写真は大阪の中の島付近です。発表会場はANAクラウンプラザホテルでした。
なお記事中のスペクトラム・アナライザはローデ・シュワルツです。分かる方には一目で分かりそうですね。



2本目です。
「アジレント、36GBの大容量メモリを内蔵するSAS/SATAアナライザを販売」
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/19/039/index.html

米国Agilentがアナライザ開発企業のSerial Trekと提携し、同社の総代理店となったことで販売を始めました。
アナライザは、トレースバッファを大量に積んでおくことでトレースの面倒な設定を省き、大量のデータ転送はPCI Expressを使って高速に実行することで使い勝手を維持するといった考え方です。安いDRAMを大量に搭載するという力技っぽい製品です。