Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

JCBカードが切れそうで結構な困りようです

JCBカードがもうすぐ切れます。今、持っているのは2009年1月が期限なのです。
すでに海外のホテル予約が出来ません。海外出張がそこそこあるので、結構な困りようです。


クレジットカードってもう少し早く次のカードがくるんだと思っていました。
というか、マスターカードは期限の3カ月以上前に次のカードがきました。


JCBカードについてもう少し具体的に言うと、11月くらいから、更新されたカードがくると期待してました。ずっと待っていました。でも来ませんでした。12月になっても来ませんでした。年が明けました。2009年になりました。さすがに心配になってきました。


そこで仕事始めの週にJCBに電話しました。



電話すると、例によって自動応答の音声が歓迎してくれます。番号が送られるのをしばし、待ちます。担当者用の番号を押します。担当者が別の電話で塞がっていました。受話器をスピーカモードにして仕事をしながら、出番を待ちます。


しばらくすると担当者が出ました。女性です。こういう問い合わせで男性が出ることはまずありませんね。テーマとずれるのでこの件は飛ばします。用件を話すと、担当が違うということで、別の方に転送されました。こちらの方も女性です。用件はすでに承知しておられました。ありがたいです。


当然のごとくカード番号と住所と生年月日をたずねられます。もちろん答えます。


すぐに問い合わせの返事がもらえました。


1)システム更新のため、カードの更新手続きがまだ完了していない。
2)新しいカードの送付は1月15日ころを予定している。


以上が返事の要約です。うーむ。心配したよ。


しばらくして疑問を持ちました。あらかじめ分かっていたことのなのかな、コレ。それならそうと、毎月の支払い明細に「お知らせ」を入れてくれればよいのに。ちなみに昨年はすべての月で決済が発生していますので、明細は毎月きています。


「お知らせ」がないとすると、想定理由のそのいちは「そこまで気が回らない」、そのには「システム更新に不具合が生じていて遅れている」かな。「そのに」だと怖いです。さらに遅れる可能性があるから。


というわけで1月15日を心より待っています。


【追記】そういえば2008年11月にJCBのシステム障害が起きたときは、明細書にお詫びが同封されていました。写真はそのときのお詫び状です。