Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コントロールド・サーキュレーションがこういうものだとは、決して考えないでください

インプレスグループ初のコントロールド・サーキュレーション誌「IT Leaders」
https://www.impressrd.jp/it-leaders/



すでにこちらでも指摘されていますが、創刊前準備号がものすごいことになってます。
最近になってようやく、PDF版を読みました(時間とれなくて。すみません)。


表紙がありません。目次がありません。裏表紙もありません。雑誌として完成していません。
記事はほとんどが既存誌の再録です。
広告見本が入ってません。
創刊準備「号」って???


(注追記:展示会で配布した準備号は広告見本と表紙が入っていたとのことです)


いったいなにがあったのか。訝るばかりです。
周辺からも訝る声ばかりが聞こえてきています。


コントロールド・サーキュレーションの先輩である
EDNJapan、EETimes Japanはともに創刊前準備号は、通常号と同様の雑誌を作ってきました。
広告は見本原稿ですが、見た目は通常号と変わりません。


コントロールド・サーキュレーションであるかないか以前に、
「IT Leaders」の開発手法は何かがおかしいです。
早く再起動されることを望みます。

(注追記:上記表現は誤解を与えかねないので削除します)


【追記】
編集長の田口潤氏は日経BP社出身。日経コンピュータ編集長などを務めました。
創刊リリースはこちらです。
http://www.impressrd.jp/news/080610/it_leaders


田口氏はインプレスの子会社インプレスビジネスメディア取締役 IT Leaders編集局 局長 IT Leaders編集部 編集長というのが正式な肩書のようです。
http://wbb.forum.impressrd.jp/
http://www.impressholdings.com/info/profiles/ibc.htm


【さらに追記】
インプレスビジネスメディア取締役会長の井芹 昌信氏(インプレスホールディング取締役)は、EETimes Japanの発行者であるE2パブリッシング株式会社の取締役を兼務しています。
また株式会社ImpressWatchの取締役である田中秀樹氏も、E2パブリッシングの取締役を兼務しています。