Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

EETimes Japan誌の2009年7・8月合併号が届きました

(今回のエントリーはこのエントリーと関連しています)


EETimes Japan誌の2009年7・8月合併号が届きました。
やっぱり合併号でした。そして9月号は9月11日配本予定です。
http://www.eetimes.jp/content/3120


内容は「すでに夏休みモード」といった雰囲気です。
特集は分解記事で、最初の2本以外はすべて再録です。これで特集41ページを稼いでいます。
TechTrendsやTips&Tricksといった常設コラムは掲載されていません。
インタビューもありません。


マストヘッドには変更がありました。
6月号にはシニア・エディタであった渡邊淳一氏が7・8月合併号では消えています。
編集コストが削減されました。


一方で7月1日付けでウエブ・サイトはモデルチェンジしており、昨年9月1日にモデルチェンジしてから1年足らずで予算を投入です。ウエブ・サイト優遇されてます。


9月号はCEATEC前なので季節としては広告が多く入る号となります。
そして創刊50号でもあります(8月号が50号では営業としてはタイミングがよろしくないともいえます)。


創刊50号記念号とCEATECパワーで9月号に向けて営業大攻勢をかけ、広告をたくさん入れて赤字を減らす、という目論みかも。