Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

富士通マイクロエレクトロニクス元社長、小野敏彦氏辞任の深層


富士通マイクロエレクトロニクスの社長交代リリース
http://jp.fujitsu.com/microelectronics/fml/release/20080408.html


週刊文春2008年7月3日号36〜37ページに小野敏彦氏を取材した記事が出ています。
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/shukanbunshun080703.htm
富士通元副社長が「謎の退任劇」全真相をブチまける」



記事によると、辞任ではなくて「事実上の解任」だということです。
業界ではすでに話題になっていた、名義貸しと手形偽造の件が原因でした。


この記事を読むと富士通の扱いがすごくて外資系よりも酷いかも。
副社長室(小野氏は富士通の副社長を兼務)を封鎖して私物も取りに行けないようにするなんて。
副社長に対する扱いとは信じられない酷さです。


記事ではふれていないのですが、解任等の懲罰だと退職金が出ないと思います。
辞任の場合にどうなるのでしょうか。そのあたりについても情報があれば万全です。
辞任にすることで富士通は温情をみせたともいえますから(表ざたになると解任させられてしまうかも)。