Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

日経エレクトロニクスのインタビュー欄にみるスタイルシートの不思議

日経エレクトロニクス誌のバックナンバーを少し眺めていたら、変なことに気付いた。
3頁ほどのインタビュー欄「Interview」が、インタビューした記者の氏名を明記していないのだ。

すっと短い1頁のコラム「ひと」は談話形式(インタビューを起こしたもの)で記者の署名がある。1頁のコラムで署名があり、3頁のインタビューで署名がない。変だ。


少しバックナンバーを調べてみた。すると、号によってスタイルシートがバラバラであることが分かった。


面倒くさいので、分かったものだけ以下に記す。

2007年8月27日号:聞き手を明記(進藤智則記者) 要点あり 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


2007年9月10日号:聞き手不明(大久保記者?) 要点なし 質問文は質問形式ではなく、導入文、文体は「だである」文 質問文は「――」ではなく、縦罫線「|」で区分け。


2007年9月24日号:聞き手不明(蓬田記者?) 要点あり 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


2007年10月8日号:聞き手を明記(田野倉保雄記者) 要点あり 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


2007年10月22日号:聞き手の名字のみ明記(望月、佐伯) 要点なし 質問文は質問形式ではなく、導入文、文体は「だである」文 質問文は「――」ではなく、縦罫線「|」で区分け。


2007年11月5日号:聞き手不明(野澤記者?) 要点なし 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


2007年12月17日号:聞き手不明(竹居記者?) 要点あり 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


2008年1月14日号:聞き手不明(内田記者?) 要点なし 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


2008年1月28日号:聞き手不明(今井記者?) 要点なし 質問文は質問形式ではなく、導入文、文体は「だである」文 質問文は「――」ではなく、縦罫線「|」で区分け。


ここまでみると、質問形式のときは「ですます調」、導入形式のときは「だである調」で分けているのかなと。導入形式のときは「要点なし」と。


2008年2月11日号:聞き手不明(大槻記者?) 要点あり 質問文は「ですます」文 質問の始まりは「――」。


ところが、2月25日号のスタイルシートが過去と違う。

2008年2月25日号:聞き手不明(蓬田記者?) 要点あり 質問文は「だである調」で、質問文は「――」ではなく、縦罫線「|」で区分け。


そして次号をみると、またスタイルシートが変化していた。

2008年3月10日号:聞き手不明(山田記者?) 要点あり 質問文は「だである」文 質問の始まりは「――」。


2008年3月24日号:聞き手不明(宇野記者?) 要点あり 質問文は「だである」文 質問の始まりは「――」。


2008年4月7日号:聞き手不明(伊藤記者?) 要点あり 質問文は「だである」文 質問の始まりは「――」。


最新3号は同じスタイルシートになっている。
「要点あり」ならば、「聞き手=日経太郎記者」くらいは入れて欲しい、です。