Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

秀逸!「X86の終末」

いささか古い記事で恐縮ですが,デザインウェーブマガジン2004年12月号の67頁に掲載されているコラム「X86のかくも静かな終末を・・・」が秀逸です。インテル社の発表からマルチコア時代の到来とその意義をきちんと分析し,深い解説記事に仕上がっています。「なるほど〜」とうなってしまいました。GHz,ビット数といった分かりやすい指標がもはや意味を持たなくなる。これまでの常識が通じない,来たるべき異形の世界はどのようなものなのでしょうか。