Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

来年2月開催のISSCCの概要が東京で報道機関向けに発表されました

こじくれ管理人の知人である福田氏の執筆記事がPCWatchに掲載されております。


「来年開催のISSCCビッグデータを支えるシリコンの開発成果を披露」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141118_676493.html


ISSCC(国際固体素子回路会議)は毎年2月に米国サンフランシスコで開催されております。半導体チップの開発成果を披露する場として機能しており、半導体技術に関するイベントとしては世界最大のものです。来年は2月22日から26日まで、マリオットホテルで開催されます。


ここからは余談です。

ISSCCは、毎年11月になると発表予定の論文が決まります。そこでISSCCの実行委員会が記者会見を開催し、来年2月の開催概要をアピールするのが恒例となっています。でもって悲しいのは、記者会見にはフリーランスがあまり呼ばれないことです。自分はこれまでかなりの数のISSCCレポートを書いてきたし、記者会見に出たときは必ず名刺を置いていくのですが、けっこうに呼ばれません。ことしはさる方のご厚意で事前に発表会を知ることができましたが、案内そのものはきていません。昨年はいつもよりも発表会が早かったため、気付いてチェックかけたときは開催済みだったという(泣)。一昨年も自分で心当たりにあたって日程を事前に掴んで出席しており、案内は来ていません。


今年も名刺をお渡しして来年のご案内をお願いしたのですが。どうなるでしょうか。今からちょっと心配です。あ、もちろん来年2月のISSCCには参加します。旅費のサポート大歓迎です(爆)。


マンガでわかるディジタル回路

マンガでわかるディジタル回路


人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします