Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

シリコンバレーでモバイルメモリの講演会を取材しました

レポート記事をPCWatch様に掲載していただきました。コラム「セミコン業界最前線」の更新バージョンです。

DRAM開発の主役から外されるPC向けDRAM
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/20130514_599102.html


1980年代にDRAMといえばメインフレーム向け、という常識が徐々に変化していきました。ワークステーション向け、そしてパソコン(PC)向けの需要が増加し、相対的にメインフレーム向けの需要は減少(絶対値ではなく、割合として減少)していったのです。


1990年代には、DRAMといえばPC向けを指すようになりました。そしてIntelを含めたPC用チップセットがサポートするかどうかが、DRAMの普及を左右するようになりました。


そして20年が経過しました。今や、PC向けDRAMの時代が終焉を迎えつつあります。主役はスマートフォンタブレットへ。詳しくは記事をご参照くださいませ。



人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします


【追記】週間アクセスランキングで5位に入りました!
これも皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/accessranking/20130520_600057.html