Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

倒産した工業調査会の書籍がいくつかの出版社で復活中(その1)「はじめての半導体製造装置」

2010年8月末に倒産した専門出版社「工業調査会」の書籍がいくつかの出版社で復刻されています。自分が半導体技術に関する記事を執筆するときには、工業調査会のビギナーズブックス(タイトルが「はじめての〜」とついているシリーズ)にお世話になっていました。


半導体のコミュニティでは、工業調査会の書籍が絶版になってしまうことを惜しむ声が聞かれました。自分も残念でした。


しかし嬉しいことに、2011年に入り一部の書籍については、復刻版や再編集版などの再出版が始まりました。工業書籍を専門とする出版社、例えば、技術評論社丸善出版、森北出版などで復刻が始まっています。たとえば丸善出版はリストをウエブ・サイトにアップしています。ありがとうございます。


丸善出版工業調査会より出版された同名書籍を丸善出版にて再出版しました
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/news_event/2011/kougyoutyousakai.html


残念ながら森北出版と技術評論社のウエブ・サイトでは再出版の告知を見つけられませんでした。おそらく、再出版される書籍は今後増えでしょう。しかし専門書ですので、初版で絶版となる可能性が少なくありません。


そこで自分が参考にしていたり、書籍タイトルを知っていたりした工業調査会の書籍で、再出版されたものを、機会を見つけてご紹介していこうと思います。



まずは「はじめての半導体製造装置」です。
こちらは工業調査会の書籍です。古書扱いです。
はじめての半導体製造装置 (ビギナーズブックス)

はじめての半導体製造装置 (ビギナーズブックス)

はじめての半導体製造装置 (ビギナーズブックス)


1999年3月発行。

そしてこちらが再出版された書籍です。
はじめての半導体製造装置 (現場の即戦力)

はじめての半導体製造装置 (現場の即戦力)

はじめての半導体製造装置 (現場の即戦力)


技術評論社から出版されています。


絶版になった書籍を自分は所有しており、半導体製造装置のことを確認するために重宝しておりました。しかし、現在からみると、内容がやや古いです。再出版された書籍では内容がアップデートされているかどうかが、アマゾンの内容説明からは分かりません。著者の前田和夫氏は2008年9月に亡くなられているとのことなので、その点が心配です。


それでも類書が見当たらない状態ですので、半導体製造装置の初歩を知るためには役立つと思います。