Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

ロームの創業社長、佐藤研一郎氏がついに引退

ロームは1954年に抵抗器メーカーの「東洋電具製作所」として創業し、1958年に株式会社化、現在では半導体を主力製品とする中堅の半導体メーカーです。創業者の佐藤研一郎氏がこれまでずっと、株式会社の代表取締役社長をつとめてきました。在任期間は52年におよびます。


その佐藤氏(79歳)がこの3月31日をもって代表取締役社長を退任し、取締役も辞め、名誉会長に就任します。
4月1日からはこれまで代表取締役専務をつとめてきた澤村諭氏(60歳)が代表取締役社長となります。


ロームのホームページ
http://www.rohm.co.jp/index.html
現在の役員一覧
http://www.rohm.co.jp/corporate/organization.html


社長交代のお知らせ
http://www.rohm.co.jp/news/pdf/100319_news.pdf

YOMIURI ONLINEの記事
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100319-OYT1T00819.htm?from=main6


佐藤氏は一代でロームを一代で売上高数千億円の大企業に育てました。次期社長については10年以上前から取りざたされており、ようやく交代が正式に決まったという印象です。


佐藤氏はピアニストであることでも知られており、音楽家を育成する財団「ロームミュージックファウンデーション」を
創設しています(佐藤氏は財団の理事長もつとめています)。
http://www.rohm.co.jp/rmf/index.html
この財団は佐藤氏が個人財産を供出して創設したと聞いています。主な財源は佐藤氏が所有するロームの株式です(現在は違うかもしれません)。