Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

民主党攻撃パンフ「知ってビックリ民主党 これが実態だ!!」を堂々と配布する自民党の醜態

昔、共産党を中傷するビラ(作成者不明)が国政選挙の投票日直前に配られていたのを思い出しました。

「知ってビックリ民主党」のパンフを最初に見た印象です。裏を見たら「自民党」とありました。
自民党が作ったことを堂々と名乗っていることに、少し驚きました。


もっと驚いたのは、どうもこれ以外に8種類もの攻撃パンフレットが作られているらしいこと。
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/08/post-eeb2.html


そして自民党のホームページには堂々といくつものPDFファイルが掲載されていること。
「日本の未来が、危ない。それでも「民主党政策」に期待しますか?」
http://www.jimin.jp/sen_syu45/hikaku/index.html


このページに掲載されているPDFのいくつかです。かなり笑えます。
「知ってドッキリ民主党
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_honsyou.pdf
第1章 民主党労働組合の革命計画
第2章 日教組 教育偏向計画
第3章 日本人尊厳喪失進行中


民主党さん 本当に大丈夫?」
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_daijyoubu.pdf


「みなさん、知っていますか。 十人十色の民主党
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_10-minsyu.pdf


民主党日教組に日本はまかせられない」
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_nikkyouso.pdf


「知ってビックリ民主党
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_jittai.pdf


読めば読むほど自民党がコレを言うのか、と呆れてしまいます。凄い。
とりあえず以下のPDF1本だけから(ほかも内容はかなり重複しています)、内容を検討してみました。時間もったいないので1本だけです。
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_honsyou.pdf


民主党は党内の意見がバラバラ」→自民党の良さは護憲の議員と改憲の議員の両方がおられたり、意見の違いを乗り越えたところにあると思っていました。まさか自民党が党内で統一されているとは知りませんでした。郵政民営化の騒ぎは何だったのでしょうか。


日教組」=偏向教育=日の丸の軽視、君が代の軽視、青少年の性道徳の破壊、戦争責任は日本にある=「民主党」→自民党日教組をここまで毛嫌いしているとは知りませんでした。日教組大会を妨害する騒音まき散らし宣伝カーの群れも自民党と関係があるのかとすら勘繰ってしまいます。すごい攻撃ぶりです。

お互いの考え方の違いを受け入れるのが民主政治の基本でしょう。賛成するかどうかはともかくとして(自分は日教組の考え方には賛成しませんが、存在そのものは認めています)。民主党の党大会に日の丸を掲示しないからおかしいと指摘されるのは自由ですが、国家行事でもないのに、なぜ日の丸が必要不可欠なのでしょうか。分かりません。


民主党子供手当労働組合の勢力を拡大させ、勤務時間内の違法な組合活動や政治活動が横行します」→これ、本当に呆れました。子供手当の支給のために市区町村の公務員が増強されるのが理由だそうです。同じことが「定額給付金」にも言えますよね。ここでまず論理が破たんしていて笑いました。そして労働組合が強くなる(加入者が増えることと思われます)ことと、違法行為の横行には何か関係があるんでしょうか。論理が飛躍しすぎです。

しかもこの文章はこう続きます。「その結果、地方議員はもちろん知事や市長までが労働組合の息のかかった人たちに占領されてしまうことになります」(ゴチック体は筆者)。うわーそうなんだ。知りませんでした(笑)。というか、日本国民をなめてませんか。国政選挙と地方選挙は別ものですよ。東京都議選で大敗したとき、国政選挙と地方選挙は別ものとおっしゃったのは自民党幹部(麻生首相含めて)の皆様です。それが民主党政権になると地方選挙もいっしょくたですか。理解できません。


結論:こんなパンフレットは自民党にとって逆効果だと考えます。というか、自民党に対する自分の認識が(悪い意味で)変わりました。タカ派だけではなく、ハト派もいて、幅広く中道まで含んだ政党だと思っていたんです。パンフレットからは、自民党は本当は極右政党だったのか、とすら疑ってしまいます。これが自民党の真の姿だとは信じたくありません。幻滅しそうです。


要望:せめて、過去4年間の自民党公明党連立政権の実績点と反省点をまとめて分かりやすく見せて欲しい(パンフレット配って欲しい)です。中傷パンフ作るくらいなら。



【追記】スパムコメント、中傷コメントは削除します。よろしくです。