Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

MemCon 2009レポート第2弾です

MemCon 2009現地レポートの第2弾をPCWatchに掲載していただきました。
恒例となっているDenaliのアナリストによるメモリ市場展望です。


「未曾有の不況に喘ぐDRAM事業とフラッシュメモリ事業」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20090626_296740.html
今回の不況はアナリスト泣かせだったようで、
日本では「2009年は予測が本当に難しいし、できればやりたくない」との声すらアナリストから聞かれました。
難しいのはDenaliのアナリストにとっても同様だったようです。
2008年のMemCon、2007年のMemCon Tokyoでの講演に比べますと、
先行きの見通しに関する情報が今年は少なくなっていました。


でも現状分析はいつもと変わらず充実しており、いろいろと参考になります。