Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

推薦! 週刊東洋経済3月14日号「仰天人事で始まったソニー次期社長レース」

週刊東洋経済3月14日号、16〜17ページ、杉本りうこ記者執筆
「仰天人事で始まったソニー次期社長レース」
http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/toyo/detail/BI/958f165bf01939e3207ab337e0997919/#mokuji

http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/toyo/img/n_tsuri/n_9900110922.jpg


週刊東洋経済編集部はたぶん、エレクトロニクス担当では日本最強だと思います。
今回の人事についても鋭い突っ込みが随所にみられます。
しかも、隠し玉(書けないけど持っている情報)の存在が文章から窺えるのが凄いです。


だいたいにおいて、ストリンガー氏がCEOに就任してからすでに3年以上が経過しているんですよね。
http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20050314/1110768618
これまでいったい何をやっていたのかが、当然ながら株主そのほかの利害関係者からは問われます。


従業員だって世界的にみると増えていましたし。
http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20081211/1228989562
16万人だったのが18万5000人になっています。
もっとも人件費は下がっていたのかも知れませんが。


ソニーの社長人事ってときどき、理解が難しいことになるんですよね。
以前は森尾稔氏、そして今度は井原勝美氏です。
余計なお世話ですが、社員がさらに脱力するんじゃないかと心配です。